FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロローグ

サイクルハウスしぶや渋谷店長:「しまなみ海道を自転車で渡ろうと思うんだけど。どう?」

そんな誘いを渋谷店長から受けたのは、国内最大の自転車イベント「サイクルモード」が終わったあとだった。「しまなみ海道?・・・」確かそれは本州と四国を結ぶ自動車道で、
たしか5,6年前に近いところまで行ったことがあったような・・・。最初に聞いたときは、そんな感想しか持たなかった。
しかし、サイクルハウスしぶやのコンテンツスタッフ(まぁWEBとかイベントとかのお手伝いをしているような人間です)として、また1人の自転車ユーザーとして、渋谷店長と付き合っていて驚かされることのひとつが、彼に備わるある種の野生の勘だった。

「きっと、あそこには何かがある様な気がするんですよ」、「これからはショップも遊び方まで提案していかないと」断片的なキーワードで「しまなみ海道」をついて語る渋谷店長の言葉に、ちょっとした高揚感と冒険心がくすぐられ。そしてそれは直ぐにむくむくと僕の中で大きく膨らんでいった。「折りたたみ自転車で巡る島々の旅」ヤバイ、なんだか知らないけれど楽しそう!

その後の我々の行動は迅速だった。そう、当たり前のことだが人間興味があること対しては、思いがけないない力が出るものである。うず高く積みあがった仕事を右へうっちゃり、左にさばき、「あんた、お願いだからあたしを置いて行かないで」とすがる妻や子に背を向け、着々と計画は練られていった。

渋谷店長渋谷「今回はね楽をメインにしたいんですよ」

おたみ「楽?っスか」

渋谷「そう“楽”つまり、あまりスピードの出会い自転車で、みんなが楽しめるラク~な旅」

おたみ「そりゃいいですね」

渋谷「どんだけ楽かっていうと荷物も少なくて、カッパも持っていかないくらい」

おたみ「・・・確かにそりゃ楽ですが」

渋谷「いいの、いいの、雨が降ったら走るの止めたら良いし、畳んでバスとか船とかに載せちゃえばいいんだしさ」

今までの自転車旅行(輪行)は、確かにハードルが高かった。きっと多くの人の目に先ず浮かぶ輪行くとは、ドロップハンドルのバリバリのレーサーを手際よく工具でバラして、輪行く袋に詰め込むスポーツウェアのサイクリストの姿。いや、僕だってそうだ。日曜になれば愛車BD-1で10キロ先までポタリングを楽しんだり、鎌倉あたりまで電車に載せたりするけれど、やっぱりまだまだ輪行はハードルが高い。

渋谷「そのハードルを折りたたみ自転車で下げて、どれだけ楽~な自転車旅行をするか、それが今回の旅のコンセプトだよ」

 かくて、旅の目的はさらに明快になった。我々はいかに“楽”ができるか、装備、工程、訪問地など、およそ準備段階では“楽”とかけ離れるほどの集中力で「しまなみ海道」を調べ上げたのだった。


おたみ「2泊あればいいですかね」

渋谷「いやいややっぱり3泊でしょう」

そう、時間だって充分に取った。だって「しまなみ海道」は尾道から今治まで約80キロの道のり、ロードバイクの猛者なら一日で往復してしまう人だっているサイクリングコースなのだ。
計画は万全、装備は完璧。楽旅をサポートする最新のGPSや、不測のアクシデントに備えたスペアチューブなどのエマージェンシーまで準備は終えた。

そしてついに出発の日、集合は朝6時の東京駅。綿密な計画に見事に裏付けられた渋谷店長と僕の「折りたたみ自転車で巡る島々の“楽”旅」はスタートしたのだった
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング - ジャンル : 旅行

★・・・ここでちょっと、休憩★

前フリがだいぶ長くなりましたが、いよいよココからしまなみ海道の島々を巡る150キロの旅が始まります。が、なんだかあまりにも、順調な滑り出しを書きすぎたので、このリポートをもしや、とてもためになるガイドブックと期待したり、『深夜特急』(著:沢木耕太郎)や浮谷東次郎を描いた『がむしゃら1500キロ』などの感動ほとばしる、珠玉の紀行エッセイと勘違い(しないか・・・)と思い、この後語られる綿密な旅とは程遠い、オッサン二人旅の実態について今の内に少々白状しておきます。

【途中の話を一部抜粋】

・・・そう、何が不十分だったかと問われれば答えは簡単なのだった。単純な話我々は自らの性質についてあまりにも無自覚だったのである。
二人旅行の場合、たいていどちらかがスケジュールのマネジメントをしたり、あるいは嗜好が違ったりするものだが、詳細な計画までは立てたものの、運悪く我々は二人とも“寄り道上等派”かつ、“ご当地グルメ礼賛派”なのであった。そう、つまり我々は出会った島の人々を捕まえては四方山話に口が止まらず、思いがけないがけないご当地グルメに出会えば、幼児のようになんでも口に入れたがる輩同士だったのだ。

そんなふたりが、お互いが自分のアンテナでブレーキをかけるのだから、旅の道程は遅々として進まず、予定は現場合わせ。さらに、悪いことに(?)しまなみ海道は、予想遥かに上回る「美味とよりみちの宝島」だったのだから始末に終えない。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

せっかく書き綴った「綿密な計画」という前フリが早くも台無しになっておりますが、それはさておき、まぁせっかくこのページまできていただいたのですから、お急ぎでない方は「しまなみ海道」の魅力に少し触れてみてください。我々でなくてもきっと“寄り道”したくなるような、素晴らしい光景と様々な出会いがそこには溢れています。

では、渋谷店長と私おたみが、ブロンプトンとbd-1、で疾風のように駆け抜けた(ウソ)しまなみ海道の珍道中、お気楽~にお楽しみください。

テーマ : ポタリング - ジャンル : 旅行

装備と服装について考えた

今回の「しまなみ海道」旅行は12月。海外サイクリングの経験が豊富な渋谷さんに比べ、
京都や鎌倉にbd-1を連れて、1泊旅行に行ったことがあるという程度の経験の僕にとっては、
冬の、しかも3泊4日の自転車旅行は未知の経験。

さて装備と服装はどうしたものか。
「あのあたりの冬は寒いよ~」という声もチラホラ聞こえる中、
独自のリサーチの結果、
「もともと温暖で雨の少ない瀬戸内気候なんだから、防寒性の高いアウターや雨具は持っていかない」
という結論に達した。大丈夫か・・・我々。

もちろんそれらがあることに越したことはないことくらいわかっているのだが、
快適性を優先に必要なものをリストアップしていくと、
「日本一周してます」系の自転車旅行の方々のような、
フレームのあらゆる場所にキャリアを取り付けて、
前輪と後輪にはでっかいパニアバッグ(振り分け式のバッグです)
くくりつけ、自転車が荷物を載せて走っているのか、
はたまた荷物に車輪がついているのか分からないような、
装備になってしまうのだ。
もちろん装着した分だけ自転車は重くなるし。

しかし、今回は(この部分強調)違うんです。なぜならコンセプトは”楽旅”なのだから。
極力荷物は少なく、でも寄り道しながらの島旅を、他の旅行者と同じように楽しめるように、
カジュアルな服装で行きたい。困ったら折りたたんで公共の交通機関に利用すればいいんだし。

ということで今回の装備と服装については我々は以下をコンセプトにした。

 1)折りたたみの邪魔になるキャリアや、着脱の面倒なバッグは使わない
 2)街歩きでも浮かない普段着を持っていく
   (スポーツサイクリングのウェアは着ない)
 3)レインウェアは持っていかない
  (必要なら現地で100円カッパを調達)
 4)一眼レフのデジタルカメラを持っていく
 5)アクシデントに備えて最低限のメンテナンスツールを持っていく

 6)1~5をクリアした上で、お土産用のスペースも空けておく

image003.jpg
image005.jpg



というわけで、それぞれこの考え方で装備を考えてみたのが以下の仕様なワケです。

 ●渋谷(自転車:Brompton M3R)
  バッグ:Herbestal Bromptom専用フロントパニアバッグ
      :Herbestal Bromptom専用サドルバッグ
image007.jpg


●おたみ(自転車:bd-1)
  バッグ:karrimorメッセンジャーバッグ
:ノーブランドのウェストポーチ
image008.jpg


自転車に直接取り付けている渋谷さんに対し、
身体に背負うのが僕。疲労度はきっと僕のほうが
大きいのだろうなぁ~と予測はしつつ
「ま、これも経験」という適当な理由でOKに。
(さて、どんな結果になることやら。。。)

それから今回は、GPS付きのナビゲーションマシンも携行することにした。
自動車用に比べてどうしても性能が劣った、自転車用のGPSナビだが、
今回の仕様は高度の表示もしてくれる最新鋭機。
頼もしい相棒候補になってくれるのだろうと期待が膨らむ。

さあ。準備は整った!
 
~新幹線も楽々、スイスイ輪行術~に続く

テーマ : ポタリング - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。