FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超穴場のオススメ店、サイクリストの味方「辰兵衛」

「夜ポタ」で、おおまかにリサーチを終えた我々、わかったことは月曜日の今夜は休業の店が多い日ということ。今日知り合いになった方々に聞いた店のいくつかもあいにく閉まっていた。が、これにめげず、逆にココの状況は「もっと探すのだ」という天の声だと理解した能天気な我々は“新開”地区の路地の奥へと向かったのだった。そして迷宮のような路地をあみだくじのように進んで、辿り着いたのは、道幅が2メートルも無いような奥の細道にある一軒の居酒屋。

「ここどうですかね」
「いいんじゃない、ちょうど席も空いているみたいだし」

と、それほど期待もなしに入った店だったのだが、これが大誤算の良店だったのだから。我々の“引き”の強さも中々のものだ。


牡蠣のグラタン
牡蠣のグラタン


買ってきた「でべら」
買ってきた「でべら」を調理してもらいました。


辰兵衛さんこと檜川辰夫さんの料理は、郷土色の素材にひと手間をかけた美麗なものばかり。街で買った「でべら」もお願いして、正式な調理方法で肴に仕上げていただきました。器も洗練されていて、どんなコワモテの職人が作っているかと思えばこれが、また柔和な人柄で親しみやすいのだ。さらに一緒にお店を切り盛りしている娘の愛理さんと旦那さんの紳一郎さんは、ミニベロやロードバイクでしまなみ海道を日々楽しんでいるご夫婦。

 瀬戸内の肴と地酒を味わいなが、らしまなみ海道の魅力について尽きることなく語らう、そうして尾道の夜は更けていったのだった。。。

辰夫さんと娘さん夫婦
辰兵衛さんこと辰夫さんを囲んで、両隣が娘さん夫婦です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。