FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄板越しの真剣勝負、「お好み 越智」

広島風のお好み焼きを出す「お好み 越智」は、ワンルームほどのスペースに鉄板がひとつと、その鉄板を囲んで丸イスが6脚程度あるだけというコンパクトな店。友人の家を訪ねて、玄関だと思って勢い良く扉を開けたら、いきなり家族が食事中の食堂だった。という感覚(どんな感覚だ)の非常にコンパクトな店。もっとも店外からはそんな店の様子は一切見えないし、メニューも無いし、しかも店の入り口、直ぐ隣の扉はパチンコ店の景品交換所とくれば、入店時には軽い勇気を試される店でもあります。

さて、そんな「お好み 越智」は土生の街の中で長らく愛されてきた有名店。この店のお好み焼きは、お客さんのテーブルであり、調理場である鉄板で作られる。お好み焼きだから当たり前といえば当たり前だけれど、この店の距離感はほとんど家庭のそれ、母親が自分のために作ってくれるお好み焼き。という錯覚をお子さんばかりのライブ感が味わえます。もう隠し事も嘘のひとつもつきようが無い近さです。

 店内では近所の奥様方が優雅にランチ中

「私は東ちずるの同級生なのよ」と奥様
「あら、違うでしょ東ちずるのお母さんと同級生でしょ」とまた別の奥様

はしゃぐ我々が東京から来たことを告げると、因島出身の有名人を引き合いに自己紹介。
時空を超えたボケでつかみを取るあたりさすがに西日本ですなぁ。

注文はうどんの麺とやきそばの麺の両方を入れた「肉玉のダブル」生地、キャベツ、麺、のしイカ、揚げ玉、豚肉などがテンポ良く投入される、島の話を肴に、目ではおかみさんの広島焼きの妙技を追いかける。
この雰囲気も全部含めて広島焼きは美味しい。見る間に形の良い広島焼きに仕上がっていく。

広島風お好み焼き

メニュー

色々な出会いの中で「越智」さんという人が非常に多い地域だ

店内の様子
鉄板越しの真剣勝負。どちらも逃げ場がありませんな。


鉄板に向かう渋谷さん
麺の入った広島風です。

お好み 越智
かなり入りにくい店構えですが、良心的な店です。


ボリューム満点のダブル肉玉も、油っ気の少なくあっさりとした生地と麺、甘辛の特製ソースで美味しく完食。これでビールが飲めたら最高だな~。と思いつつ店を後に。

暖簾をめくり外を見上げると、再び空は明るくなっていた。

「お好み 越智」
尾道市因島土生町1902
TEL 0845-22-0932
定休日  木曜日
営業時間 11:00~17:00
スポンサーサイト

テーマ : ポタリング - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。