FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩城島 ~海の幸、山の幸自由自在。呑めちゃう民宿「よし正」~

岩城島についたのはとっぷり日が暮れた18時過ぎ。

まっくらな道を走るのもちょいとしんどいので、今夜の宿「よし正」さんの車に迎えに来てもらいました。もちろん自転車はワゴンの荷台にサクっと折りたたんで。こんな時「ああ、折りたたみ自転車でよかったなー」と毎度思うのであります。

走りだした車はぎゅんぎゅんと島の中央に向かって長い坂を上っていきます「ああ、本当に車に乗せて良かったな~」今回は更に実感がこもっておりますが。

「よし正」さんは岩城島の中心部から路地を入っ場所にある民宿。民宿とは行ってもエレベーター完備の5階建ての立派な建物。到着すると、既に食事の時間なので部屋に入り着替えをして、さっそく食堂へ。この食堂は居酒屋も兼ねているので泊まりの客以外の方々で賑わっている。カーキ色の作業着の若い男性達はやはり造船の人たちだろうか。木をふんだんに使った暖かい色調の食堂は、ここが瀬戸内海の離島だということを一瞬忘れさせるようなイマドキ感と活気に溢れていた。そしてなによりも驚かされるのはそのメニューの豊富さ。

「あ、あそこ良いらしいね~」道中であった人に今日の宿を訪ねられたとき「よし正」の名前を出したときの反応が大概こんな感じだったので、期待はしていたんです。

はい、確かに。

でもそれにしてもメニューの多いこと。注目すべきは海の幸だけでなく山の幸も豊富なこと。「媛っこ地鶏」「岩城島産レモンポーク」など、しっかりお肉も用意されております。地魚に肉に特産のレモン。とくればもう何も言うことはありません。ということで我々も早速今日一日の無事を祝し、宴へと突入したのでありました。

「よし正」本日のおすすめメニュー
見よ!この充実ぶりほとんど地物です


お刺身
お刺身(1泊2食プランの夕食です)


金目鯛(たぶん)の煮付け
金目鯛(たぶん)の煮付け(1泊2食プランの夕食です)


カキフライ
カキフライ(1泊2食プランの夕食です)


レモンポークの塩焼き
レモンポークの塩焼き(追加)脂の甘さが印象的。


島豚特別部位メニュー
ね、そそるでしょ?


媛っこ地鶏の塩焼き
媛っこ地鶏の塩焼き(追加)地鶏の歯ごたえはたまりません。


アサリの酒蒸し
アサリの酒蒸し(追加)


地蛸のグリル
地蛸のグリル(追加)


シーザーサラダ
シーザーサラダ(追加)

さあ、がっちり呑んでやるど~。とフガフガと鼻息荒く息巻いていたのも束の間、カラダは自分が思う以上に疲れているらしく、お腹が膨れると、ほどなく眠気が迫ってきてウトウトzzz。。。となってきたので、痛飲の手前で宴を終えました。ご馳走様でした。ああ満腹、極楽。

目が醒めると、澄み切って良く晴れた朝だった。
まだ明けきっていない朝もやの中、昨日の雨で出来た水溜りをよけながら港に出ると。そこには美しい瀬戸内の港が広がっていた。

瀬戸内の港

岩城島の朝は早い。港には朝の井戸端会議に熱心な老人たち。船の待合所には通勤や通学の人々がフェリーの到着を待っていた。

ほどなく今治に向かう高速船が港に滑り込んでくる。降りてくるのは作業着の労働者、船に乗り込むのは学生服やスーツの人々。島で毎日繰り返されるなにげない光景に、島に暮らすことの現実を少しだけ理解できたような気がした。

今治の高校まで通う学生
岩城島は愛媛県。なので今治の高校まで通うのだろう。


朝焼けにたたずむ
朝焼けにたたずんでみたりして。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。