FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今治 ~しまなみ海道体験を胸に刻んで~

遂に到着です。「ゴーォォォーーーール」と、頭の中にサッカー実況のような絶叫が響きました。いやホントに。橋を渡る、文字にするとたった4文字なのに、どうしてこんなに嬉しくなるんでしょう。ひとつ自分の精神的なステージが上がったのではないかと思えるような達成感です。

僕の頭の中に響いた絶叫。それは単純な僕の中にだけ現れる祝福ではないし、渋谷さんには渋谷さんの、このルートを渡った方みなさんにそれぞれの形で現れます。そう確信できるほど濃密さがこの道にはありました。しまなみ海道恐るべし。いやいや、しまなみ海道素晴らしい。ありがとうしまなみ。グラッッチェしまなみ。アイラブユーしまなみ。ラブ&ピース。ああ、上手く説明できないけれど走ってよかった。これからきっと真人間になって、家族や会社のみんなを困らせないように生きていきます。雨ニモ風ニモ、夏の暑さにも冬の寒さにも不平不満を言わずに。

と、幾多の挫折に心を凍らせ、世の中を斜めに見ては酒を飲み世間様に悪態をつく、氷結チューネンのオッサンの心も溶解させてしまうしまなみ海道の魔力、やっぱり“恐るべし”のほうがキャッチコピーとして妥当かもしれません。

てなわけで、午後5時。無事に今治側の橋のたもとにある、サイクリング施設「サンライズ糸山」に到着。爽やかな達成感と、心地よい疲労をカラダに刻み、冬のしまなみ海道を風神のごとく駆け抜け、鈍牛のように食べ抜いた「サイクルハウスしぶや~しまなみ遠征隊」(名前がどんどん変わってるけど)の「しまなみ島旅」は、ひとまずここにフィナーレを迎えたのでありました。

最後になりますが、これを読んだみなさんも、いつか“しまなみ”を走ってみてください。自転車を楽しむたくさんの方々に、そう伝えたくなる。この気持ちをきっと共有できると我々は思っています。

しまなみ海道を巡る、サイクルハウスしぶやチームの肉体と精神の軌跡を余すところ無く記し、そして書きすぎたために、そもそもなんの紀行なんだかよくわからなくなってしまうこと度々の、駄文にお付き合いくださり(最初から辛抱強くお読みになられた方は特に)ありがとうございました。

その後、この体験をもとに、サイクルハウスしぶやでは、みなさんとしまなみ海道を一緒に走る企画を考え、集ったみなさんと楽しんでいます。不定期の開催ですが、ご案内を見られた方で興味を持った方は、サイクルハウスしぶやにお気軽にご連絡ください。

みなさんと一緒に、素晴らしいしまなみ体験ができることを、スタッフ一同願っています。
スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。