FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三の男も出現!?尾道ポタリングいよいよスタート

辿りついたのは尾道の駅、尾道は広島県尾道市の中心地で、古くから海運で栄え、今も多くの海産物が集まる商都。古寺が多く「小京都」と呼ばれ、またその地形から「坂の街」とも形容され、林芙美子や志賀直哉が居を構えた「文学の街」でもあり、小津安二郎の「東京物語」や大林信彦の尾道三部作をはじめ多くの映画に登場する「映画の街」としてもつとに有名で・・・・・・。
と、観光パンフレットに書いてあるとおり、中国地方でも屈指の観光地なのであります。

全国的な観光地である尾道ですが、渋谷さんも僕も実は尾道初訪問。


もみじ饅頭
「もみじ饅頭!」・・・観光客丸出しですね


「えーっと、とりあえずどうしましょうか」
「ラーメンでしょ。尾道ラーメン」

ほとんど長年連れ添った夫婦のような、極めて簡潔なやり取りで、尾道での初訪問はラーメンに決まったのでありました。文学とか、映画とか、いいのでしょうかね、我々。。。

目的も決まったところで出発の準備に戻り、ここで今回の旅の強い相棒がもう1人登場したのだった。その“第三の男”の名は、GPSの「ナビ男くん」必要な時に、必要なことだけを伝えてくれる誠実と無類の博識さによって我々との同行を唯一許された唯一のパートナーであり、無駄話ばかりの我々には持ちえない、スキルを持つ最強の相棒だ。

GARMIN COLORADO300
頼りになる第三の男「ナビ男くん」(本当はGARMIN COLORADO300)


なんて馬鹿話はさておき、ナビ男君も渋谷さんのブロンプトンに取り付けて、尾道ポタリングにいよいよ出発です。

尾道の中心部は、尾道水道と呼ばれる狭い海峡に面した海沿いに2キロほど細長く広がっている。細長い街の背後には千光寺山や西國寺山といった、高くはないけれど急な山がせりたっていて、山には古刹が無数に点在している。駅はひとつだけ。古い町並みには幾筋もの細い道路や路地があって、そもそも狭い町田から車の移動には適さない。公共の交通はバスだけれど、街の細部には入れない。

そう、ここまで書けば答えはわかりますよね。つまりこの街はと~っても自転車向きなのです。それも路地や古い商店街、坂や階段なんてルートぼぼちぼち巡るには、折りたたみ自転車が最強の移動ツールなのはもう言うまでもありません。

風情のある路地
こんな風情のある路地が点在しています。

商都らしくアーケードのある商店街は実に素晴らしい。特に魚屋は屋根の無い屋台(そもそも屋台というのか?)というか台車で露天売りをしている珍しい光景に出会えます。そして鮮度の良い瀬戸内の小魚を屋台で手際よく捌く“元”お姉さんの方々の気風もまた素敵です。(観光客に愛想をしないので)

露天で鮮魚
普通に露天で鮮魚です。

我々も指をくわえてじっとりと魚に視線を送ってばかりでは大人気ないので、しぶやさんが「おねえさん、ちょいと茹でタコ足を一本ばかし切ってよ」と、江戸っ子気取りで注文して、味見としゃれこむことに。

「この人じゃなきゃ、この味はだせないんだよ」と隣にいた近所のまた別の“元”お姉さんが太鼓判を押してくれた通り絶妙の塩加減。うーん最高です。

そしてちょっと食べたら本格的に小腹が空いてきたので、当初の目的どおり尾道ラーメンの有名店を探すことに。地元の方へのリサーチの結果「つたふじ」と「朱華園」が先ずは訪問すべき人気店とのこと。さっそくシャキシャキとペダルと漕ぐ我々でありました。

スポンサーサイト

テーマ : ポタリング - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。